Friday, 28 August 2009

クロマキー!わおわお

ただいま、9月のMA卒展に向けて鼻息荒く奮闘しているのですが、展示するビデオ作品で合成をする必要があり、だれか詳しい人に助けてもらおうと甘いことを考えていた訳ですが。。。何気なくchroma key Final Cut Proと検索したらオンライン上にとても親切な動画のチュートリアルが沢山あるのを発見。それをたよりに、私にもクロマキー合成ができました〜。ひゃっほー。

風邪をひきかけて家で静養しようと思ったのに、ビデオの編集に燃えてついつい夜中まで。おもったより簡単にできて、すんごい興奮しちゃいました。日本でファイナルカットのマニュアル本を買いそびれたんだけど、オンラインのチュートリアルが便利すぎて(どうしてこう、オタクの皆様は奉仕の精神が旺盛なのかしら)マニュアル本がなくてもぜんぜん大丈夫な時代になったことに遅ればせながら気づきました。

たとえば、こんなの
これも参考にしました

私のファイナルカットが英語版なので、チュートリアルが英語だとむしろ分かりやすい。インターネットってすごいなあ!(とずっと思ってるけど、再確認)

というわけで、こんな合成をしました。宇宙を背景にリスちゃんがいます。このリスは、先月ハイドパークとグリーンパークで撮影しました。芝生にへばりついてリスを追う私の様子を、おもしろがって観光客のおばさんが写真にとってました、、、宇宙の写真は本やネットから拝借。一日リスを追いかけたので、ハイドパークとグリーンパークのリスの違いや、生態などちょっと分かった気がします。

タイトルはずばり!?惑星フェラリス。



Sunday, 2 August 2009

白馬の馬車

ロンドンの中心街から家までバスで移動すると、Hyde Park Corner、Nightsbridgeなどの高級なエリアを通ることになるのですが、各所の5つ星ホテルエントランスにフェラーリやロールスロイスなどの高級車が横付けされているのはごく普通の眺め。しかし、そんな高級車の群れもかすむファンシーな乗り物を発見、それは、、、


白馬の馬車。

ヒヒーン!



馬にまたがった警察官が街をパトロールしているのをみかけることはあっても、こんなコッテコテにメルヘンな白い馬の馬車はなかなか見かけません。馬たちは相当丁寧に躾されているのでしょう、本来恐がりな動物のはずなのに車道で身動きせずじっと待っています。ここ、片側3車線あり交差点が近く、とても騒々しい場所です。頭にフサフサの飾りをつけて、2頭寄り添ってじっとしているそんな姿がいじらしくて写真を何枚も撮ってしまいました。はやく仕事が終わって馬屋へ帰れるといいね〜。こんなふうに人間のために働く動物を見ると、なんとなく切ない気持ちになります。盲導犬を見るときも。かけよってナデナデしたくなりますが、それは確実に迷惑ですね。。。

ちなみにホテルは、マンダリンオリエンタル。自動車と一緒にみると、すごい違和感。でもホテルの建物にはあっているよね。
いったいどんな人が乗るのかしら。。。
やっぱ王子様?お姫様?

週末だから、結婚式?