Sunday, 19 July 2009

たぶんロンドン ベスト飲茶

じつはロンドンに5年も住みながら、ちゃんとレストランでDim Sum(飲茶)をしたことが無かった私。そんなところへ、友人からカナリーワーフ近辺に、とても安くて美味しい飲茶があると誘われ、大喜びで電車を乗り継ぎ東ロンドンへ。

カナリーワーフは、大手銀行のビルがそびえ立つ金融エリアで、見慣れたレンガの建物がぜんぜん無い、ここはどこ?シンガポールかどこかアジアのビジネス街へ降り立った気分。

すっかり旅行者気分でカメラを構えてしまう。青空が反射してキラリーン。ピカピカの建物を見上げると金融恐慌なんてウソみたい。

鳩たち。心無しかスマート?

カナリーワーフからDLRで3駅、Crossharbour駅を降りて少し歩くと、ビル群を背景に運河が現れ、そこにおもいっきり中華な建物?船?登場。唐突すぎて一瞬笑う。レストランに入ると、中はガラス張りで眺めがよくきっとここは夜も素敵に違いない!と思う。(食べる前から次のことを考えている)


普通の食事メニューも渡されるのだけど今回はパス。私たちの目当ての飲茶のほうは、色んな飲茶メニューの書かれた注文用紙みたいなものがペラッとテーブルに一枚置かれていて、そこに欲しい品の数量を自分で書き込む方式。今回6名で挑んだのですが、みんなでこの紙っぺらをまわして、各自インスピレーションを信じて数字を書き込む。


あっというまにテーブルが蒸篭とお皿で埋まり、天国か地獄か?というくらい美味しい飲茶の数々が次々と登場。おなかが苦しい〜。。。けど、どれも試したい!という熱い思いで完食。写真に写っているのはごく一部。もっとたくさん食べたのよー。大皿料理と違って、これだけのバリエーションの料理をちょっとずつ試せるのが飲茶のすばらしいところだね。特に海老はプリプリ、ちまきはモチモチ、初めて食べたツルツルニュルニュルの皮に包まれた長方形の食べ物も美味しかったし、山芋のコロッケもおいしかったー。デザートにはタピオカと山芋(Yamと書いてあるけど、サツマイモみたいな味)のココナッツミルク。

限界まで食べて、一人たったの12ポンド。安すぎ、、、そして美味しい。ロンドンの中心からはちょっと遠いけど、それでも一応Zone2なので、交通費もさほどかからないし。食事のあとDLRで足を伸ばしてグリニッジ観光も良いかもね。

飲茶は昼から午後にかけての食事なので、夜景を楽しみたい場合は違うメニューなのだと思う。きっと美味しい香港/広東料理が出てくるのではなかろうか。そっちも試したいなぁ〜〜〜。

ちなみに香港人の友人も美味しいと認めて、短期間にリピートしたらしい。どう?期待できるでしょ。

お店のホームページ内にDim Sumのメニューも載ってるよ。

Lotus floating Restaurant